ホームページのネタ帳

入力より選択。フォーム設計

2011年12月02日

今回は、ショッピングサイトの例を利用して、フォームで入力エラーを減らすための改善方法をご紹介します。 selectboxショッピングサイトで購入する際に、購入数を入力して「カートに入れる」ボタンをクリックしますが、在庫に限りがある場合などに在庫以上に複数購入しようとすると、エラーが表示され購入数の再入力を求められます。このショッピングサイトでは、在庫が不足していた場合にカートの中身のページでエラーが表示されるようになっていました。 ページ移動後にエラーが表示されたため前のページに戻り、入力項目の再入力を行わなければならないのは問題でしたので、エラーを「カートにいれる」ボタンのあるページに表示するようにしましたが、これでもまだ問題があります。購入数が在庫を下回るまで何個まで購入可能なのかわかりません。

whats a viagra yahoo how much does a viagra pill cost pharmacyonline-bestcheap.com http://genericcialis-cheaprxstore.com/ cialis when to take

ここで次のように在庫数を表示するように改善してみました。 在庫数が表示しているため問題ないように思いますが、ユーザーは基本的にさっと斜め読みして確認しますので実はそれほど効果はありませんでした。どれだけ注意を施しても限界がありますので、次のような改善策を提案いたしました。

  • エラーにならないよう入力エリアをセレクトボックスに変更する。

在庫以上の購入数を設定することが出来ないため、複数買うことが想定される場合などは購入数はセレクトボックスを使用する方が間違いがなく、ストレスなくカートのページに移動していただけます。 少しのストレスでも離脱率の増加を呼びます。ちょっとした配慮が出来るかどうかが、フォーム入力の完遂率に影響し、ひいてはウェブサイトでのビジネス成果に繋がってきます。 今回のショッピングサイトに限らず、フォームで入力に問題がある場合には、エラーを出して再入力を求めることも出来ますが、まず問題のある入力をさせない工夫が必要です。



投稿タグ関連記事


カテゴリー関連記事

お問い合わせはこちら

ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

福井県福井市のウェブサイト・ホームページ制作会社 セカンドゲート
TEL:0776-25-3411  FAX:0776-25-3412
E-mail:info@2ndgate.jp